カテゴリー一覧

【前編】なぜ英語は話せるようにならないのか

グローバル化が叫ばれて久しいですが、

日本人にとっても英語の需要というのは

日に日に大きくなっていきますね。

その証拠に大学受験においては文系理系関係なく

英語が受験科目となっています。



しかしながら中学高校と、あるいは最近は小学校から

英語教育を受けながら日本人で英語を話せる人というのは

そこまで多くはない現状があります。これはなぜなのでしょうか。

言語環境の問題

私たちが新しい言語を学ぶとき、

大きく二つの言語環境パターンが存在します。

第二言語環境

一つは第二言語環境です。

第二言語とは学ぶ対象となる言語が

その地域やコミュニティーで主に

使用されている場合のことを指します。





英語を学ぶ場合であれば、日本人がイギリスやアメリカで

英語を学ぶ場合それは第二言語環境ということになります。

対象言語のインプットを豊富に受けることができるため、

効率よく対象言語を学ぶことができると言えるでしょう。

外国語環境

次に挙げられるのが外国語環境です。

第二言語環境とは逆で、対象言語が主に使用されていない

地域で言語を学ぼうとする場合それを外国語と言います。





日本にいながらにして英語を学ぼうとする場合は外国語ということになりますね。

外国語環境においては対象言語のインプットを十分に得ることができない

ためその習得は非常に困難であるという特徴があります。

言語習得をしたいのであれば第二言語環境が圧倒的に有利であると言えます。

英語は話せるようにならない??

結論から言えば、日本にいながらにして英語を習得することは不可能でしょう。

勘違いされがちですが、言語習得は海外に行けば自然と身につくものではありません。

たとえ留学などにより第二言語環境を得たとしても当人の相当な努力がなければ習得は起こらないのです。



帰国子女の方でも日本に帰ってきてしばらくすると英語がどんどん話せなくなります。

維持することも困難だというのに習得なんて、、、、というわけなのです。

英語を勉強しても意味がない??

では英語を勉強する意味などあるのか、

と思われる方もいるでしょう。



私は、英語を勉強する意味がないなんて全く思いません。

後半の記事にて学校教育において英語を学ぶ意味を考えてみたいと思います。