カテゴリー一覧

【第一弾!】早期英語教育ってどうなの?!教員育成の視点から

小学校での英語教科化が施行されて

しばらく経ちましたね。

これはいわゆる早期英語教育政策ですが、

主に臨界期仮説というものに後押しされる形で

日本にも定着していきました。

臨界期に関する記事はこちらからどうぞ。



今日はそんな早期英語教育に関して

”教員”という視点からお話ししていこうと思います。

誰が教えるの??

小学校における英語教育は

主に担任教諭とALTによって行われます。

まれに中学校教諭や小学校の英語専任教諭などが

授業を受け持つこともありますが、

今回は一番よく見られる担任教諭とALTに

フォーカスしていきたいと思います。

担任教諭




小学校における英語教育で一番活躍されるのが

いわゆる担任の先生、担任教諭です。

メリットは??

担任教諭が英語を教えることのメリットは

児童にとって近しい人物に英語を教わることで

英語に対する抵抗感(情意フィルターと言います)が

低くなるという点です。



情意フィルターはくせ者で、一度高くなった情意フィルターは

なかなか下げることが難しいと言われています。

情意フィルターが高い状態での学習効率は悪く、

いかにフィルターを低く保てるかが子どもの英語力に直結します。

デメリットは??

担任教諭は英語が専門外であることが

デメリットとして挙げられます。



中高の教員であれば専任制を採っているため

英語教員は英語教育の専門家であると言えます。

しかし小学校の教員になるための資格取得に

英語の技能は必要ありません。



また、担当教員の負担をいたずらに増やしてしまう

ことで本来の業務に支障をきたす可能性もあります。

ALT




ALTとは、assistant language teacherの略であり

一人で授業を受け持つことはないが、主に担任教諭と協力して

授業運営に臨む人たちのことです。

メリットは??

ALTのメリットは何と言っても

生きた英語を児童が体感できるという点です。



ALTの中にはネイティブである者も多く、

そのような本場の英語に触れる機会は

児童にとって大きな影響力を持つことでしょう。

デメリットは??

ALTは英語が話せるというだけで

教育の専門家ではありません。

教育者としてのノウハウは決して保証された人材ではないのです。



また、せっかく研修などで教育者として鍛え上げても

数年で帰国してしまう人が多く、慢性的な人材不足でもあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

早期英語教育について担当する教員という

視点からお話ししてきました。

第二弾では教員の研修という視点から

お話ししてみたいと思います。