カテゴリー一覧

【前編】一問一答の使い方を間違えるな!社会科の勉強法いろは

こんにちはー!

寒い日が続きますが

今日は高1、2生に向けた

記事となっております。

まだまだ受験は先の話、、

とは思いながらも着実に

近づいてくる受験の足音に

ビクビクしてる方も多いのではないでしょうか。




かのフランス皇帝ナポレオンは

「私の辞書に不可能という文字はない」

という名言を残したと言われていますが

あれ実は少し違うんですよね。

正確には、

「不可能という言葉はフランス的ではない」

だそうです。ナショナリズムの旗手らしい名言ですね。

「不可能という言葉は高1、2生的ではない」

武田塾大井町校語録に載せましょう。(自画自賛


ビクビクする必要はない!

君らにはどこの大学へだって行ける

無限の可能性があるのです!!

社会科勉強の定番参考書、『一問一答』

とまあ若干話が逸れましたが、

そんな可能性あふれる高1、2生に向けて

社会科科目の勉強いろはを教えていこうと思います。

社会科、といえばやはり思い浮かべる

参考書があるのではないでしょうか。

そう、東進ブックスより出版されている

『一問一答シリーズ』です!

いやあこの参考書使ってる人多いですよねえ。

その名の通り各科目の重要事項が

一問一答形式で掲載されており、

その分かりやすさと覚えやすさが

人気を呼ぶ大ヒット学参でございます。

一問一答の落とし穴

そんな名著とも言える参考書だけあって

毎年数多くの受験生が『一問一答シリーズ』を

使用しその実力をメキメキと伸ばしています。


しかしながら私には一点気がかりなことが、、、

それは、覚えた気になってるだけの受験生が多い

ということ、、、




例えば、

「第一次世界大戦前夜、イギリスは

カイロ・ケープタウン・カルカッタを

結ぶ◯◯政策を行い

ドイツの鉄道敷設政策に対抗した。」

なんていう問いがあったとしますよね?

高3生なら聞いた瞬間わかります。

答えは、3C政策ですね。


この問いに、

「ああ第一次世界大戦前夜でドイツの

3B政策に対抗した海洋政策のことだねえ」

と瞬時に判断し解答できた受験生はそれでいいんです。

すばらしい。

しかし決して少なくない受験生が

「それぞれの都市の頭文字がCだから3Cだねえ」

という判断で解答を導いている実態があります。

これは由々しき事態です。

そんな勉強ほんとに何の意味もない、、!!


要はキーワードと用語を結びつけただけの勉強に終始

してしまっている受験生が多くいるということです。

しかし上の大学を目指せば目指すほど

そのような勉強だけでは到底歯が立ちません。

都市の名称なんか省略された状態で出題されたら

3C政策が答えられないような受験生が

国公立や早慶レベルの問題に対応できるはずがありません。

そのような状態にならないためには

どのような勉強をしていけばいいのでしょうか。



後編に続きます↓
【後編】一問一答の使い方を間違えるな!社会科の勉強法いろは