カテゴリー一覧

大学のオープンキャンパスには行くべき?ー第2回ー

前回はオープンキャンパスに行く意味として、
①大学のことがよりよくわかる
②面接対策になる
ということをお伝えしました。

今回はその続きから、オープンキャンパスについて紹介していきます。

オープンキャンパスに行く意味って?(前回の続き)

③受験本番の下見ができる

地方受験の場合は別ですが、多くの場合、大学キャンパス内に受験会場が設けられます。
受験当日に、会場への交通機関や駅からの道を迷わないようにするために、この機会に大学に足を運んでおきましょう。

本番で、道に迷って遅れて焦って試験に集中できなかった、ということのないように。何事も準備は大切です。

④受験のモチベーションを高められる

皆さんの志望校への思い、どれくらい強いですか?
私は誰にも負けないくらい○○大学に行きたいと思っている、と自信を持って言えますか?

受験勉強は、大変です。
大変な中で、辛いなあ、志望校変えちゃおうかなあ、と耳元の小悪魔にそそのかされそうな こともあるかもしれません。
そんな時に、いや自分はどうしても、なんとしてでもあの大学に行くんだ、と最後まで言い切れた人が踏ん張って合格を掴み取ります。

オープンキャンパスに行って大学を体感してくることは、想像以上にモチベーション維持の励みになります。
また、購買部で入手できる大学グッズも、モチベーションアップに貢献してくれます。
大学のロゴ入り文房具を使うことで、気持ちが一気に引き締まりますよ。気に入ったら、購入してみてはいかがでしょうか。

次回は、オープンキャンパスに行くメリットとデメリットをまとめて、どんな人がオープンキャンパスに行くべきかお伝えしていきますよ~