カテゴリー一覧

どんな形であれ、新年度を迎える皆さんへ!!書籍紹介「7つの習慣」パート①

皆さん、こんにちは。武田塾田町校の福山です。

3月の中旬に差し掛かり、いよいよ来年度の進路が決まってきた方も多いのではないでしょうか。希望を膨らませ大学に進まれる方、悔し涙を流し浪人を決めた方、さまざまいらっしゃると思います。

そこで今回は新たなスタートを切る皆さんへ、1つの書籍を紹介したいと思います。

それはスティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」です。何の本か知らないけど、本屋さんでこのおじさん見たことある!!という方が多いでしょうか?

原則中心の生き方、インサイドアウト

私自身この書籍に出会ったのが、大学を卒業した社会人1年目の時でした。丁度リーマンショックが起きた頃でしたので、将来への漠然とした不安の中、悩んでいたり、躓いたときにこの本に助けられました。

この本は「原則中心の生き方」を提案するものでした。「原則中心の生き方」って言われるとよく分かりませんが、具体的にいうと「内面を磨くこと」です。

本書の中では「インサイドアウト」なんて言葉を使っています。私が尊敬する一人である元プロ野球選手の松井秀喜が言った「バットをどう振るかだけに集中する。自分のコントロール出来ることだけ集中する」にガシッとはまった瞬間でした。

多分、松井は読んでいないだろうけど(笑)それでは以下でざっくりそれぞれの習慣についてまとめていきたいと思います。

私的成功

第一から第三の習慣は私的成功を達成するために必要なものです。この3つの習慣で重要なキーワードは「依存」と「自立」です。

第一の習慣:主体性を発揮する

いきなり例え話ですが、ある人は「外が雨」という(外からの刺激)があって、「なんだか気持ちがどんよりするな」という気持ち(反応)になります。またある人は「今日もまた虹がみられるかな?楽しみだな」と反応します。

つまり、刺激でも人によって反応は異なるんです。もっと言い換えると反応はその人が選択できるのです。ゆえに気持ちがコントロールできれば、行動もコントロールできますよね。

まとめると、主体性を発揮するとは「自分で気持ちや行動をコントロールしましょう!!」ということです。

第二の習慣:目的を持って始める

この習慣は、「人生の最後はどのようになっていたいか?という自身の理想像を作りましょう!!」という習慣です。

またまた野球の話ですみません。私が愛してやまない読売巨人軍の球団像、選手像は「紳士たれ」です。この球団像、選手像が様々な行動を決定づける指針(ルール)となるのです。

例えばジャイアンツではどんな指針(ルール)があるかと言うと、 ・茶髪、長髪、ひげ禁止
・ジャイアンツタイム(決められた時間の30分前に必ず集合)
・球場入りのときは襟付きでないとダメ
・登録名のニックネーム不可。(ロッテの「サブロー」選手が移籍し、登録名を「大村三郎」に変更した。)


長年応援している者としては最近パッとしないな~などと思うことが多いのですが、「紳士じゃないな」ということが増えてきたからかもしれませんね。

第三の習慣:重要事項を優先する

第一、第二の習慣をもとに何をするべきか行動のリストは出来上がると思います。そのリストの中から「優先順位をつけて行動しましょう!!」というのがこの習慣です。

本書では具体的に優先順位の付け方を提示しています。

それは以下の基準です。 1つ目の軸は、重要かどうか?
(ん~これは当たり前)

2つ目の軸は、緊急かどうか?
(ここがポイント)



これらの基準を基に、上の図のように行動を分類していきます。

すると、どうでしょう?

自分が取るべき行動が見えてきませんか?

何か上手くいっていない時って、「緊急」のものしかやっていないことが多くあります。皆さんにとって、一番優先度が高いものは「重要で」、「緊急でない」ものです!!

例えを挙げていくと、わかりやすいでしょう。

どうして○○○になりたいのか? ○○○になるとどんなことが出来るだろう? ○○○になった人の生き方を知りたい!!・・・等

皆さんの将来についてですよね。

このように自分の行動を振り返ったり、何から手を付ければいいか分からなくなったとき、抜群の威力を発揮してくれます。

いかがでしたでしょうか?意外に長くなってしまったので、続きは次回にしたいと思います。

それでは、またね!!

続編

どんな形であれ、新年度を迎える皆さんへ!!書籍紹介「7つの習慣」パート②