カテゴリー一覧

【夏は受験の天王山】勉強がんばりたいけど、イマイチ気分が乗ってこない人へ①

みなさんこんにちは!

すでに8月になりました。1学期はあっという間に過ぎてしまいましたね。いよいよ夏休みです。

夏休みは…受験の天王山!!!!!と言われていますよね。笑

受験生にとっては過酷だと思いますがここを乗り切ることは秋以降、さらに受験本番を見据えた上でとてもとても大切です。

そこで今回は、夏休み頑張りたいけど「やる気出せるかなあ、不安だなあ」と思っている人たちへこのブログをお送りいたします。

1.なんでもいいから、勉強に意味づけをする。



これを読んでくださっているみなさんの中には、小学生の頃に両親から

「勉強しなさい」

と言われたことはありませんか?

そしてそんなことを言われたときに

「よっしゃ!!!めっちゃ頑張る!!」

と思ったことがある人っていますか?

…たぶんいないですね(笑)。

ここで言いたいのは、親からの「勉強しなさい」という“外発的動機づけ”でやる気になる人はほとんど「いない」ことが心理学の世界では通説です。

いつまで経っても楽しいだ、なんて思えないということです。

「じゃあ内発的な動機づけをすればいいんでしょ?」

と、察しの良い方はすでに気づいたかもしれませんが、まさにその通りです。

「なんでもいいから」自分なりの理由を見つけることが大切な第一歩になります。

その理由には「大学でこれを学びたい」「友達と一緒に頑張る」など、なんでもいいので一つ考えてみてください。

また、モチベーション維持のために目標や理由を周りの人に言いまくってみるのも効果的だと思います!!

2.何事も、初めは楽しくない。



ある種の諦めに聞こえるかもしれませんが、一部の天才を除いて最初はほとんどの人が「難しい、出来ない」という状態からスタートします。

皆さんも思い返していただきたいのですが、

「全く(理解)できないけど、楽しい~~」なんてことありましたか?

ゲームとか、スポーツとか、そういうのって、「ある程度」できるようになってから「楽しい」と思うようになりますよね。

勉強もまったく同じで「できる」と「楽しい」には非常に密接な関係があります。

この②については、次回のブログでさらに詳しくお話しします !