カテゴリー一覧

受験相談SOS「受験の超重要要素『生活習慣と睡眠』…特に浪人生は必見!!」|武田塾新札幌校



こんにちは。 札幌の大学受験予備校、 武田塾新札幌校の井口です。

受験勉強の中で迷いが出てくることも多いと思います。 そういう人のために、武田塾で行なっている受験相談SOSの 内容を紹介したいと思います。共感する悩みや迷いがあれば ぜひ参考にして欲しいと思います。

今日の相談

「生活習慣と睡眠について」

動画はこちら


武田塾の考え


勉強をするのには朝型が良いのか?それとも夜型が良いのか?人それぞれ自分にあった 勉強スタイルが違うかと思いますが、生活習慣と睡眠時間の確保はとても 重要ですね。

この生活習慣と睡眠時間、どのように考えれば良いのでしょうか?


武田塾の考えは次の通りです。

「1)起床時間は固定しましょう。2)早寝早起きの規則正しい生活習慣が理想です。3)睡眠時間が足りない時は昼寝を加えましょう。」

ポイント:

動画では高田先生と山火先生の体験や考えが紹介されています。

その内容は
・睡眠時間は1.5時間の倍数が良いということ。これは、レム睡眠とノンレム睡眠 のサイクルが1.5時間だから、ということですね。

・夜遅くまで頑張って勉強することはオススメしない。これは、次の日に 眠くなって集中できなかったり、朝起きれなかったりとダメージが来るからですね。 平均して見ると結局勉強時間が同じだったり、かえって効率が悪かったりする こともありますね。

・早寝早起きをして、毎日規則正しい生活が理想。モチベーションなどの 意思の力をかりず、習慣を身につけて仕組み化して仕舞えば物事の実行は楽に なります。また、実際の入学試験も朝から夕方にかけて実施されますので、 朝型の方が良いでしょう。

・夜型自体はありだが、起床時間は固定をしよう。どうしても眠くなったら 15分程度昼寝をするなどして対応しましょう。

まとめ

さて、いかがでしたか?

睡眠時間は1.5時間の倍数を意識する。起きる時間は固定してしまう。 どうしても眠い時は短時間の昼寝をする。理想は早寝早起きの規則正しい生活習慣を 心掛ける。

もし、今現在、睡眠時間と勉強のバランスについて悩んでいるなら、 これらのどれか1つでも良いので、あなたが取組みやすいものから 実行してみてください。

最近はスマホのアプリで睡眠時間の管理ができるものも充実していますので、 それらを活用するのも良いかも知れませんね。

以上参考になれば幸いです。


こちらの記事も参考にどうぞ。

科目別勉強法

・科目別勉強法一覧

受験相談SOS

「学校の課題・塾の課題、どちらを優先すべき!? 」

「 9月からMARCH合格って無謀!? 前編」

「 9月からMARCH合格って無謀!? 後編(スケジュール編)」

「 武田塾的1日1時間勉強法」

「 勉強時間が足りない人はこれを見ろ!!「確保できる勉強時間は1日3時間半、英数の片方しか勉強できません…」」

「受験生は携帯電話とどう向き合うべきか?」

「武田塾のルートの参考書を、学校の授業進度に合わせて使うのは可能?」

「「決めた量を勉強して終わる」vs「決めた時間まで勉強して終わる」…1日の勉強終わりの区切りはどっちがよい!?」

「志望校選び!!…「大学と学部、どちらを優先したほうがよいと思いますか?」」

「日東駒専とMARCHの間に「学歴フィルター」は存在するのか?」

「「1日1教科勉強 vs 1日複数教科勉強」…おすすめ勉強計画対決の決め手は「1週間での繰り返し回数」!?」

「『1日で1冊の参考書を一気にやる!!』…勉強法としてアリ? ナシ??」

「「頭の中を整理するためにノートにまとめる」…それって効率的ですか?」


暗記が10割の内容 覚えていますか???

今回は暗記が10割の内容がどれだけ理解できているかを今一度見つめなおして、勉強の質を上げるという目的のもとこのブログを書きました。もしかすると「漠然と宿題をこなしているだけ」の状態になっていることがあるかもしれません。そのため、この基本的な事項を理解できているかできていないかというのは、これからの勉強時間を考えると非常に大きい問題だと思います。なので、今一度自分の勉強法を見つめなおし、合格に近づけるようにしましょう!