カテゴリー一覧

疲れる受験勉強 〜机に長時間向かうということ〜  ②目の疲れ

皆さんこんにちは、武田塾田町校です。

受験勉強、長時間机に向かうことは疲れるということで、前回は勉強時の「姿勢」についてお話ししました。

今回は「目の疲れ」についてお話ししたいと思います。

目の疲れ

目の疲れは具体的に、目の筋肉の疲れであることが多いです。

目は六本の筋肉に支えられているらしいですが、その中でもピントを合わせる毛様体筋が一番疲れやすいようです。

一見、筋肉をたくさん動かした方が疲れそうですが、実際は逆で、目の筋肉は動かさない方が疲れが溜まります。

長時間同じ距離にある文字を読んだりと、勉強では目がとても疲れます。


今回は、勉強で目は疲れるもの!として、目の疲労をどうケアしていくか紹介していきます。

目のストレッチ

まずは、目の運動です。

これは勉強中に疲れが溜まった時など、いつでもどこでもできます。

目のストレッチの方法

目やその周りの筋肉を動かすことで血行が良くなり疲労回復に繋がります。

座ったまま仮眠

次に、これは筆者のオリジナルなのですが、椅子の背もたれの上端に頭を乗っけるイメージで寄りかかり、そのまま目をつぶって20分仮眠をとることです。

目を休めるだけでなく、首も伸びるのでリラックスできます。また、この体制で20分と時間を決めることで長すぎない仮眠を取れて一石二鳥です。

目薬

これは使っている受験生多いんじゃないでしょうか。

目薬は疲れをとるだけでなく、目をスッキリさせ爽快感を与えたりと、眠気覚ましなどの他の効果も期待できます。

持ち運びでき気軽に使えるのでオススメです。

アイマスク

これは寝る前などに、一日の疲れをとるのに良いアイテムです。

温かいもの、冷たいもの、使い捨てのもの、アロマ付きのもの、とたくさん種類があります。
その中でも筆者の個人的なオススメはUSBで使えるタイプのものです。

比較的値段も安く、繰り返しつけるので経済的です。