カテゴリー一覧

受験相談SOS「 武田塾的1日1時間勉強法」|武田塾新札幌校



こんにちは。 札幌の大学受験予備校、 武田塾新札幌校の井口です。

受験勉強の中で迷いが出てくることも多いと思います。 そういう人のために、武田塾で行なっている受験相談SOSの 内容を紹介したいと思います。共感する悩みや迷いがあれば ぜひ参考にして欲しいと思います。

今日のテーマ

「武田塾的1日1時間の勉強法」

夏も部活で忙しく、勉強時間が十分に取れない場合、どうすれば 良いのでしょうか??

動画はこちら


武田塾の考え

この問題についての武田塾の考えは次の通りです。

「科目を絞り、勉強ペースを落とし、復習を大事にしよう」

ポイント:

・1日1時間の勉強法 1:「科目を2つ以上やらない」

武田塾の勉強目安時間:1日あたりの勉強時間の目安:英語:3時間、数学:3時間、歴史:3時間、歴史以外:2時間、理科:2時間、現・古・漢:各1時間

・1日1時間の勉強法 2:「ペースを落とす」

まず基本ペースの半分が目標にしましょう。
例)
英語:『シス単』の単語:1日50個、『Next Stage』:1日1章
数学:『基礎問題精講』:1日5、6問。
注意点:ペースを落とすと次に触れる機会が遅くなる。

・1日1時間の勉強法 3:「復習を大事にする」
勉強時間が多めにとれる日に1週間以上離れた範囲の復習をしましょう。

まとめ

さて、いかがでしたか?

できる範囲で良いので、確実に勉強を継続する仕組みを作って行くことが 大事ですね。千里の道も一歩からです。何もしなければ何も得られませんが、 わずかでも行動すれば、必ず進歩を実感することができます。ぜひ、 具体的に何をするか?どのペースでするか?いますぐ考えて欲しいと思います。

以上参考になれば幸いです。


こちらの記事も参考にどうぞ。

科目別勉強法

・科目別勉強法一覧

受験相談SOS

「学校の課題・塾の課題、どちらを優先すべき!? 」

「 9月からMARCH合格って無謀!? 前編」

「 9月からMARCH合格って無謀!? 後編(スケジュール編)」


暗記が10割の内容 覚えていますか???

今回は暗記が10割の内容がどれだけ理解できているかを今一度見つめなおして、勉強の質を上げるという目的のもとこのブログを書きました。もしかすると「漠然と宿題をこなしているだけ」の状態になっていることがあるかもしれません。そのため、この基本的な事項を理解できているかできていないかというのは、これからの勉強時間を考えると非常に大きい問題だと思います。なので、今一度自分の勉強法を見つめなおし、合格に近づけるようにしましょう!