カテゴリー一覧

大学のオープンキャンパスには行くべき?ー第1回ー

こんにちは、連日暑いですね〜
校舎長の宮田です。

さて、夏と言えばオープンキャンパスです。
皆さんは、志望校のオープンキャンパスの日程、もうチェックしましたか?
それとも、行くべきか悩んでいますか?

今回のシリーズでは、オープンキャンパスがどんなものか、どんな人が行くべきかを紹介しつつ、どうしてもオープンキャンパスに行くことができない人におすすめの裏技もお伝えします。

オープンキャンパスに行く意味って?

①大学のことがよりよくわかる

オープンキャンパスでは、各大学が受験生やその保護者向けに様々なプログラムを組んでいます。

一般的な内容は、講演会や見学ツアー、施設紹介、模擬授業、入試や入学の各種制度の案内などです。
(ちなみに近畿大ではマグロの試食会をやっていますね、なかなかアバンギャルドですw)

大学が用意する多彩なプログラムを通じて、
普段は紙やネットでしかわからない学校の様子が肌でわかる
ということがオープンキャンパスに行く大きな意味の一つでしょう。

A大学とB大学、どちらの大学を第一志望にしよう…と究極の選択に頭を抱えている皆さん、
オープンキャンパスが決め手になるかもしれません。
ネットで調べ上げた情報は一度忘れて、大学の空気を吸いに行ってみましょう。

②面接対策になる

入試に面接がある皆さんにとっては、オープンキャンパスは話のネタの宝庫です。

面接の時に、
「学部長講演で~というお話があって」「~のような設備を持つ貴学に魅力を感じて」という言葉を盛り込むことで、「自分は早い時期から○○大学に興味があって、オープンキャンパスにも足を運びましたよ」という熱意がアピールできます

入試概要説明では、大学募集要項にある「求める学生像」を、大学の現状を交えて丁寧に説明してくれることもあります。これは、自己アピールを論理的に組み立てる材料にもなります。
入試概要はネットで見てわかってます、なんて言わずに、聞いておきましょう。

次回は引き続き、オープンキャンパスがどんなものかをお伝えしていきます。
お楽しみに!